養親になることを考えているご夫婦へ

愛ある家族を形成するプロセスを
お手伝いいたします

あなたはどのようにしてこのページにたどり着いたでしょうか?
つらいこと、心配、不安をたくさん抱えてたどり着いたかもしれません。
あるいは、これからのことを楽しみにここまできてくださったかもしれません。
私たちは、そんなあなたがここに来てくださったことをとてもうれしく思います。
どうか、このページがあなたの養子縁組の旅へのよい一歩となりますように。
私たちは、そのあなたの旅に伴走することができますように、と願っています。

私たち(養親さん)から見たベアホープ

私たちの生活に合わせた養子縁組のプロセスをお手伝いしてもらいました。
 
 

 

Iさん家族(親子)

 

研修で詳しく学んだことで、安心して子どもを受け入れることができました。
 
 

 

Sちゃんとワン

 

家庭訪問では、緊張したけどじっくりと時間をかけて色々お話できる良い機会でした。
 
 

 

Uちゃん

 

手続きはわからないことばかりでしたがいつでも質問ができ、安心して進めることができました。
 
 

 

Kさん親子

 

受託後の子どもの健康の心配事など、実親さんの情報も丁寧に教えてもらいました。
 
 

 

Kくんとおじいちゃん

 

養親同士の繋がりがあり、子どもに何をどう伝えるのかいつでもスタッフに相談に乗ってもらっています。
 
 

 

仲良し姉弟

 

プロセス
STEP1
研修受講・審査申込
STEP2
家庭訪問
STEP3
待機家庭登録
STEP4
委託
STEP5
申立て
STEP6
審判確定まで
STEP1
研修受講・審査申込
・研修受講

法律に定められている研修(講義・実習)に参加していただきます。自宅で受講するWEB研修、東京都内で行われる講義と実習の構成となります。詳しくはこちら⇒トップページ「養親希望者さんへのお知らせ」からご覧ください。

・審査申込

研修の受講の前に審査の申し込みをすることも可能です。ご希望の方は、養親登録手続きに関するご相談ボタンを押し、メールフォームでお問合せください。

STEP2
家庭訪問
書類審査を終えられ、次のステップに進むこととなったご夫婦には、家庭訪問させていただき、特別養子縁組へのお気持ちやお二人についてのお話を伺います。
STEP3
待機家庭登録
すべての書類審査と家庭訪問の結果、ベアホープでお子さんの委託の可能性が充分ある場合、待機家庭となっていただきます。このときにはいつでも休暇を取ってお子さんを迎えることができるようにしてください。
STEP4
委託
お子さんの委託についてご連絡します。受託を希望される場合、準備が必要な用品やお迎え等について随時連絡させていただきます。
STEP5
申立て
お子さんの委託後1か月ほどしたら、家庭裁判所への申し立てをしていただきます。書類の準備などはお手伝いさせていただきます。
STEP6
審判確定まで
申し立て後、審判確定までに6か月以上の試験養育期間を設けることが定められています(民法817条の8)。この期間に、随時育児相談や家庭訪問によるフォローアップ等、サポートさせていただきます。
よくある質問
?まず何をしたらよいでしょうか?
最初の一歩はちょっと勇気が必要な方もいらっしゃるかもしれませんね。まずは、私たちの事を知っていただきたいと思います。養親希望者メールフォームから、資料の請求をして下さい。お時間が許せば、同時に動画研修を受講して下さると、特別養子縁組の全体像がわかり、その後の研修や手続がスムーズに進むと思います。
?特別養子縁組の法律上の要件はなんでしょうか?
民法では、特別養子縁組は婚姻しているご夫婦で、養親のどちらかが25歳以上、もう一方も20歳以上であることと決められています。残念ですが、この要件を満たしていない方(内縁関係である、ご年齢が若い等)は、現在の法律の下では、特別養子縁組を行うことができません。
?ベアホープが求める要件はありますか?
ベアホープでは、次のようなことを大切に考えています。

①心身共に健康で、婚姻期間が一年以上(法的に婚姻関係にあり、かつ実際に同居している期間)のご夫婦

②愛し合っていて、愛し合い続ける努力をしているご夫婦

③養子縁組は子どもの為であることを理解できるご夫婦

④迎える子どもの性別や病気、障害の有無を極力問わないご夫婦

⑤経済的に安定しているご夫婦

詳しくお知りになりたい方は、養親希望者メールフォームから資料請求にてお問合せください。
?ベアホープでは年齢に関する制限はありますか?
ベアホープでは、ご家族が養子となるお子さんに適したご家族であるかどうか、総合的に勘案していきます。年齢は、お子さんとの年齢差が概ね45歳差までとしているので、ご自身のご年齢と受託できるお子さんの年齢で、お申し込みが可能なご年齢が決まってきます。
?登録をしたのに子どもの紹介がない事はありますか。
書類や家庭訪問を修了し、待機家庭(お子さんの受託準備が整った登録家庭)として登録したご家庭には、特別な事情等がない限りお子さんの紹介がないということはありません。ただし、書類審査や家庭訪問の過程で、お子さんの委託の可能性がないと判断した場合には、待機家庭に登録していただくことができないことをご了承ください。
?子どもの性別は選べますか。
選ぶことができません。
?子どもの名前をつけることはできますか?
実親さんが養親さんに命名して頂きたい場合はできます。実親さんがご自身で命名したいと希望した場合には、実親さんにお名前を付けていただいています。実親さんが心を込めてつけたお名前を、養親さんが変更する事は禁止しています。但し、あまりに突拍子のないお名前や世間一般から受け入れがたいお名前の場合には、実親さんにお名前の再考を促すようにしています。
?養子縁組を子どもや周りに知られずにできますか?
できません。特別養子縁組によって法律上は実子と同じになりますが、それでも戸籍謄本を見るとわかってしまいます。親子間に秘密がある事は健全ではありませんし、国連の子どもの権利条約においても、子どもが自身の出自を知る権利を守るようにと規定されています。養子である事をどうお子さん自身が受け入れていくのか、そのプロセスについても、是非お手伝いさせていただければと思います。
?共働きでも大丈夫ですか?
ベアホープの半分以上のご家庭が共働きのご夫婦です。ただ、お子さんを迎えてから裁判が成立するまでの約10か月(あくまで一般的な期間です)、育児に専念するためにお休みをとっていただく必要があります。特別養子縁組でお子さんを受託された場合には、育児休業を取得することができるので、ご自身の職場での手続きについて、ご確認されると良いかもしれません。
?どんな子どもがお家に来ますか?
ベアホープのスタッフ一同、みなさんのご家庭にぴったりのお子さんをお連れしたいと願い、日々の仕事に励んでいます。お腹の中にいる時には、あまり多くの情報はありませんが、私達が知りうる限りのお子さんに関する情報はすべてお伝えします。生まれているお子さんに関しては、十分に情報をお伝えできるかと思います。その上で、そのお子さんを受け入れたいのかどうかを、ご家族で決めてくださいね。
どんなお子さんが新しい家族として加わるのか、これからを心待ちにしていただけると嬉しいです。
?委託される子どもの年齢は赤ちゃんだけですか?
ベアホープで委託したお子さんの9割以上は0歳児ですが、最近の傾向として、ご年齢の高い養親さん希望者も増えてきており、それにつれて年齢の高いお子さんの委託も可能になってきています。先日民法が改正されて15歳未満のお子さんの特別養子縁組が可能になりました。しかし制度上、民間あっせん機関で高年齢児の委託がどこまで可能になるのかは、まだ未定です。
?費用について教えてください。
ベアホープでは、①書類審査、②家庭訪問、③委託、④裁判成立という4回にわけて費用の請求をさせていただいています。費用の詳細については、“資料請求”してくださった方に、資料としてお配りさせていただいております。費用についてご興味のある方は、養親登録手続きに関するご相談ボタンから、メールフォームを開き、“資料請求”にチェックしてお問合せください。
?子どもを迎えるまでにどれくらいの期間がかかりますか?
お申込み手続き開始からお子さんを迎えるまでの期間は、平均約6カ月です。ご夫婦によって養子を迎えるための準備に必要な期間は異なるため、ご夫婦のペースでご準備を進めてください。
?児童相談所の里親研修を受講する必要はありますか?
その必要はありません。
?これまでの委託件数はどれくらいですか?
2014年は12件/2015年は13件/2016年は16件/2017年24件/2018年は35件/2019年は37件/2020年は43件です。
?実子がいても大丈夫ですか?
特別養子縁組は「子どもが愛される家庭で育つ権利を守るもの」ですので、実子や養子がいらしても、登録していただきたいと思っています。
?子どもを受託した後はどんなサポートを受けることができますか?
委託時にサポートの為のSNSをスタッフ数人と組みます。そこでいつでも心配な事などをご相談いただけます。対応するスタッフは助産師、保健師、社会福祉士、心理等の専門家です。また養親さん同士のネット上のコミュニティもあり、さまざまなトピックで情報交換が出来る様になっています。
 また、法律で決められている委託後の家庭訪問や、毎月の養育状況の確認等も行っています。裁判が終わったあとは、お子さんは法律上は実子と同じになりますが、お子さんが成長する過程で、養子縁組ならではの悩みやご心配も出てくるでしょう。そんな時にもいつでもご相談下さい。お子さんが16歳になられるまでは、毎年、成長のご様子等をお伝えいただき、いつでもお手伝い出来る様に準備してお待ちしています。